<終了> 【中級者向け】 英語論文執筆者のためのワークショップ(2016/11/28, 29)

English Page outer

 研究戦略推進センターでは、本学の研究力強化のため、文部科学省の補助事業「研究大学強化促進事業」を活用して、英語論文執筆経験があり、ステップアップを目指す中級者向けの「英語論文執筆者のためのワークショップ」を実施することといたしました。
 本ワークショップは、英語での科学技術ライティングスキルの向上を目指し、英語が母語の講師が登壇し、学術雑誌への投稿に関するノウハウの講義や実践的な英語論文作成に関するインタラクティブな演習を行います。
 本取組により、本学の国際化の観点での英語による論文数の増加及び質の向上を図ります。

概要

日程・会場

  • 大岡山会場 : 2016年11月28日(月) 9:30-17:30 <東工大蔵前会館3F 手島精一記念会議室>
  • すずかけ台会場 : 2016年11月29日(火) 9:30-17:30 <大学会館2F 集会室1>

ワークショップ内容 (受付開始 9:00~)

カリキュラム
09:30-09:45  Welcome and Introductions
09:45-10:15  Effective academic writing
10:15-10:45  Exercise: Expressing caution and certainty
10:45-11:15  Describing trends and patterns
11:15-11:30  Break
11:30-12:15  Using verb tenses correctly for academic writing
12:15-13:00  Exercise: Verb Tenses
13:00-14:00  Lunch
14:00-14:45  'Front loading', listing, and logical flow
14:45-15:30  Exercise: Identifying and clarifying logical flow
15:30-16:00  Summarizing and concluding
16:00-16:15  Break
16:15-16:45  Focusing your message
16:45-17:15  Declining to make changes suggested by a reviewer
17:15-17:30  Final Q&A
  • 8時間(昼食・休憩を含む)の予定です。
  • 質疑応答を含めたセミナーや、参考資料・用例を用いた実践演習、グループディスカッションを予定しています。
講師
Chad Musick, PhD, Senior Editor, ThinkSCIENCE, Inc.
Caryn Jones, Founder and Representative Director, ThinkSCIENCE, Inc.
使用言語
原則英語(一部、日本語の場合あり)
その他
※ 受講料は無料です。
※ 辞書等の持ち込み可能です。

申請資格(下記の2点を満たすこと)

  • 本学に雇用されている(有期雇用の者を含む)助教、講師、准教授及び教授並びに研究員、本学に所属する日本学術振興会特別研究員(PD・RPD・SPD)又はさきがけ研究員 、博士後期課程学生   ※申請資格を追加しました。
  • 英語論文執筆の経験があり、さらなるスキルアップを希望する者

選考及び決定

期日までに申請のあった者の中から、研究戦略推進センター長が選考・決定します。
※全カリキュラムに参加可能な方を優先します。

募集人数

各日30名

申請手続・申請期限

本プログラムの目的・趣旨を十分に踏まえて下記、「お申し込みフォーム」より申請してください。

申請受理後、センターで審査を行い、受講者を決定します。

  • ※申込みは締め切りました。
  • 申請期限:2016年10月21日(金)
    申請期限:2016年10月28日(金) ※申請期限を延長しました。

要項

問い合わせ先

研究推進部研究企画課研究企画グループ

内線:3803 / mail:ru.staff[at]jim.titech.ac.jp


研究戦略推進センター

内線:3794 / mail:ru.staff[at]jim.titech.ac.jp

※メールアドレス内の[at]は@に置き換えて送信してください。